Cultivating Algae’s Potential,
for a Better Future.藻類の研究開発で、
人々と地球の未来に貢献する

スクロール

Corporate Philosophy企業理念

To Become the Global Leader
in Clean Technology

世界No.1のクリーンテック企業になる。

地球イメージ

『地球が足りない…』もし世界人口が日本と同様の生活をしたら地球2.8個分が必要だと言われています。 つまり人類による様々な自然資源の『消費』が、地球環境を脅かし、その豊かさが刻一刻と失われ続けているのです。
これを食い止め、次世代に、より良い地球環境を引き継いでいくためには、『消費』型社会から『循環・共生』型社会への転換が急務です。

しかしながら、サステナビリティという言葉が浸透する今日でも私たちの日々の健康や生活に不可欠な食料、電気、ガス、ガソリン、生活資材のほとんどが、自然資源の『消費』に未だに支えられているのが現実です。

この地球規模の課題解決を可能とする手段の一つが『藻類』です。

地球誕生後に酸素を産み出し、生物多様性をもたらした『藻類』は、我々が必要とする栄養素や生活資材の素材原料を産生するだけでなく、光合成を通じて二酸化炭素を吸収します。

そんな『藻類』の可能性を解き放つ研究開発で、社会課題を解決し、人々と地球の未来に貢献する、我々アルガルバイオは、世界No.1のクリーンテックカンパニーを目指します。

1.Materialize scientific research

可能性を「カタチ」にする

私たちは研究開発型ベンチャー企業として「藻類」の可能性を「カタチ」にすることにこだわり続けます。可能性を可能性で終わらせない、その為にサイエンスの力を活用し、お客様や市場が求めるモノ・コトを如何に「藻類」から産生していくか、その応用・社会実装に向けて「カタチ」にすることにこだわり続けます。

Production of Algae

2.Challenge with joy

挑戦を心から楽しむ

世界中が驚く様なモノ・コトを創るには、まず何事にも挑戦をすることが必要です。そして、遊び心を忘れずに、常識にとらわれずに、失敗から学び、進化を続けること、その挑戦を心から楽しむことこそが、我々のミッション達成に不可欠だと考えています。

Production of Algae

3.Teamwork and professional growth

相互尊重する

可能性を「カタチ」にする為に、我々は様々なバックグラウンドを持った仲間が協働し、「藻類」の可能性を「カタチ」にすることに挑戦しています。その挑戦をより良質なものとする為に、相互尊重の精神をもって、個と組織の成長と成功を導き出す環境づくりを大切にします。

Production of Algae

News新着情報

2022/05/10講演・出展
FOOMA JAPAN 2022(2022年6月7日-10日 東京ビッグサイトにて開催)のスタートアップゾーンに出展します。是非ご来場ください。
2022/04/19講演・出展
2022年5月19日に開催される「地方発!ベンチャー企業ミートアップ」(主催:経済産業省関東経済産業局・財務省関東財務局・独立行政法人中小企業基盤整備機構関東本部)にて、ビジネスプランを発表します。是非ご視聴下さい。
2022/04/08講演・出展
当社取締役 CSO・竹下がJPI(日本計画研究所)主催のセミナーで講師を務めます。『東京大学20年以上の藻類研究資産を引き継ぐ(株)アルガルバイオの創業者が語る 「藻類」の社会実装における現状と今後の展望』と題し、「藻類」とはなにか?なぜ今「藻類」が注目されるのか?大学での藻類研究を元にした大学発スタートアップの挑戦についてお話しします。是非お申込み下さい。
2022/04/07プレスリリース
微細藻類によるCO2固定化プロジェクトがNEDO委託事業に採択されました。本プロジェクト(2022~2024年度の3年間)では、2030年代には工場等が排出するCO2を回収・固定化する藻類培養システムの実用化し、将来的には火力発電所など大規模CO2排出への展開を目指して技術開発を進めます。
2022/04/04プレスリリース
知財戦略を強化し、更なる事業拡大へ ~2021年に採択された「知財アクセラレーションプログラムIPAS2021」 約5カ月にわたるプログラムを無事終了~